2009年8月から

COUNTER301780

お知らせ

伊勢原市ホームページ

かながわ子ども☆キラキラ通信

いじめ防止基本方針
 

リンクリスト

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯からも
アクセスできます。

 
Copyright (C) 2010
伊勢原市立 伊勢原小学校
All Rights Reserved.
 

 
明治 5年 学制発布により伊勢原村・白根村・板戸村 ・田中村・東大竹村の五ヶ村をもって、
      第1大田区第29中学区第53番小学区域と定める。
    6年 伊勢原村大福寺の本堂で児童教育を開始する。これを本校の創立とする。
   7年 伊勢原村宮脇に移り、恢立館(かいりゅうかん)とする。
   12年 教育令により、五ヶ村立小学伊勢原学校と改められる。
   25年 伊勢原尋常小学校に指定される。
   27年 高等科併設により、伊勢原町立尋常高等小学校と改称する。

大正 4年 伊勢原町田中境に移転する。
   12年 関東大震災により校舎半壊し、校庭も大亀裂を生ず。
      児童・教職員全員無事。
      直ちに復旧工事に着手する。

昭和 16年 中郡伊勢原町国民学校と改称する。
   22年 中郡伊勢原町立伊勢原小学校と改称する。
   26年 学校給食を開始する。
   29年 町村合併により伊勢原町となる。
   39年 校歌制定。
   44年 学区域変更により、桜台小学校が分離独立する。
   45年 「ふじ組」(支援を必要とする児童のための学級)を新設する。
   46年 市制施行により伊勢原市立伊勢原小学校と改称する。
   58年 校歌碑建碑。
   63年 二宮金次郎像再建。

平成 2年 校庭改修工事完了。「竣工記念の集い」を開催。
   4年 伊勢原小学校創立120周年記念の集いを行う。
   6年 東海大学医学部付属病院内に東海学級(病弱学級)を開設する。   
   7年 道路工事等完了し、現在の校舎・校庭となる。
   10年 西校舎[1期・2期校舎]耐震工事をする。
   10年 学区再編により、板戸・東大竹地域の一部が竹園小学校へ移動する。
   13年 学校創立130周年記念行事を行う。
   14年 伊勢原市教育委員会研究委託校(12~14年)
      「総合的な学習の時間」の研究発表。
   15年 学力向上フロンティア事業(文部科学省研究委託 15~16年)
   16年 文部科学省研究委託校 学力向上フロンティア事業の研究報告会
   17年 修学旅行を体験学習旅行とし宿泊場所も長野県原村に変更。
      校庭に柳を植樹
   18年 東校舎耐震補強工事(7~9月)
      第37回子ども自転車神奈川大会で6位入賞
   19年 第16回全国小学生作文コンクール「私たちのおまわりさん」で優秀賞を受賞
   20年 伊勢原小学校PTAが神奈川県教育委員会表彰を受賞
      伊勢原小学校学校支援ボランティア活動で
      伊勢原市交通安全対策協議会表彰を受賞
      第23回おだきゅう沿線文学賞で学校賞を受賞
      第一・二期校舎窓サッシ改修工事(7~8月)
      伊勢原市教育委員会学校研究委託校第1年次(国語科・算数科研究)
      玉川大学教職大学院「連携協力校」
      日産化学振興財団「理科/環境教育助成」
       テーマ「市街地の小学校における自然との
       関わり合いを通した感性を深める環境教育」
      神奈川県立総合教育センター研究指定校共同研究事業における「共同研究指定校」
       テーマ「教科でのキャリア教育推進」~第4学年国語科を通して~
   21年 伊勢原市教育委員会学校研究委託校(算数科研究)
       テーマ「子ども自ら気付く・わかる授業をめざして」
      玉川大学教職大学院「連携協力校」
      ベルマーク500万枚達成受賞
      22年 伊勢原市教育委員会学校研究委託校(20年~22年)
         「子ども自ら気づく・分かる授業をめざして」の研究報告会
          
東校舎トイレ改修工事(7月~9月)
                      飲料水兼用貯水槽設置工事(10月~2月)          
    
23年 伊勢原市総合防災訓練中央会場
    24年 学校創立140周年記念行事を行う
       全校一斉給食                                     

    
27年  東校舎北側・体育館一部改修工事(7月~8月
      29年 
道徳教育研究報告会(11月)
        研究テーマ「自他の思いを大切にし、よりよく生きようとする児童の育成」

                     遊具区域改修工事