2012/7/30以来

467097アクセス

市内小中学校ホームページ

リンク集

配布文書のお知らせ

保護者の部屋にはこちらから

学校からの配布文書が保護者専用ページにて閲覧できるようになりました。
ページを閲覧するには、以下のページにアクセスし、学校からお知らせのあったIDとパスワードを入力してください。
 

比々多日記

比々多日記
12345
2022/07/27

夏休み自習教室

| by 比々多小
 7月26日から自習教室を行っています。夏休み中の学習の場として、5日間開室します。基本は自習ですが、わからないことがあったら、先生に聞くことができます。
 児童は、夏休みのワークを進めたり、読書をしたり、習字を練習したりと様々な学習をしていました。

    

10:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/27

チリリンスクール

| by 比々多小

 7月23日(土)に、PTA主催の「チリリンスクール」がありました。
 まず、伊勢原警察の方から、乗る前の点検のしかたや自転車に乗って道路を走るときに気をつけることなどを教わりました。
 次に実践です。普段乗っている自転車を使って、校庭につくったコースで実技講習をしました。車道を走るときや歩道を走るとき、交差点、一時停止など、真剣な表情で「運転」していました。
 最後に、自転車屋さんに点検・ネジの締め直しなどをしていただきました。

    

    

 ここで学んだことにを生かして、夏休み中も安全に自転車に乗ってほしいです。伊勢原警察署、市交通防犯対策係、交通指導員さん、自転車屋さん、ご協力ありがとうございました。


10:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/26

5年生 キャンプ

| by 比々多小

遅くなってすみません。5年生キャンプの報告です。

 6月23日(木)~24日(金)1泊2日で、愛川ふれあいの村にてキャンプを行いました。

本年度のテーマは「フレンドとEnjoy考動を意識し、最高のキャンプにしよう!」です。実行委員を中心にみんなで準備を進めてきました。

1日目の午前中には、陶芸体験または藍染め体験を行いました。陶芸体験では、ろくろを前にして真剣なまなざしで土と向き合い、児童一人ひとりが味わいのある作品を完成させることができました。手元に届くまでには少し時間がかかりますが、今から作品のできあがりが楽しみです。また、藍染め体験では、ハンカチを割り箸とゴムを使ってしばり、染色液につけるなどの工程を経て、すてきな模様ができました。空に向かってハンカチをかざすと、風に揺れてとても綺麗でした。
 
  


 午後は、カレー作りにキャンプファイヤー。どちらもみんなで協力してできる喜びを味わうことができました。「初めて外でカレーを食べておいしかった。」とか、「キャンプファイヤーでは、いっぱい踊って楽しかった。」とみんな笑顔でいっぱいでした。
 
  
 
   

2日目の午前中には、晴れ渡った空の下でディスクゴルフを楽しみ、帰路につきました。「フレンドとEnjoy」した1泊2日のキャンプは、5年生のこどもたちにとって忘れられない思い出になったようです。

体験学習で教え合う姿や活動中に助け合う姿から、めあての一つである「考動」が感じられました。そして、キャンプを通してさらに仲間との絆が深まったことでしょう。高学年としてこれからますます活躍する姿を期待します。

 
  


10:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/08

昨日は七夕でした

| by 比々多小
 児童が願い事を書いた短冊を、職員室前の廊下に飾ってあります。「絵がじょうずになりますように」「サッカーがうまくなりたい」「かぞくみんな元気にくらせますように」…。すなおな気持ちがこもった願い事を見ると、なんだか元気が出てきます。

  

 この七夕飾りは毎年、調理員さんが工夫をこらして飾ってくれています。給食では、そうめんが入った七夕スープや七夕ゼリーが出ました。この他にも、児童が季節を感じられるような献立や廊下の飾り付けなど、工夫をたくさんしてくれています。

14:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/03

プログラム委員が職員会議で提案をしました

| by 比々多小
 プログラム委員が職員会議の冒頭に参加して提案をしました。
 毎年、代表委員会で児童版「夏休みの過ごし方」を決めています。そして、各学年の「夏休みのしおり」の裏面に印刷されていました。
 提案は、この「夏休みの過ごし方」を別紙で印刷したいということでした。自分たちでつくったものを、もっと意識できるようにしたいという思いからの提案です。まさに「自律」ですね。
 職員からも「ぜひがんばってほしい」という声があがっていました。

  

 児童が職員会議で提案することは、初めてのことです。「子どもが主人公の学校」を目指し、児童の学校運営への参画が進むよう見守っていきたいです。

18:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/03

あいさつ運動

| by 比々多小
  1学期の強化ポイントは、「登校班の人たちとあいさつしよう」です。
 登校したら班長さんは昇降口にあるシートに自分の班の様子を記入。「目を見てあいさつできたか」「楽しくあいさつできたか」を振り返っていました。

 
    

17:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/07/01

伊勢原まめの会からいただきました

| by 比々多小
 NPO法人「伊勢原まめの会」から、新鮮な「じゃがいも」と「たまねぎ」を今年もたくさんいただきました。比々多小学校の近くの畑で丹精込めて作られたものです。「野菜のスープ煮」や「五目スープ」に使い、おいしくいただきました。

   

11:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/30

着衣泳

| by 比々多小
 2・4・6年生が着衣のまま水に入る「着衣泳」を行いました。
 2年生は、水の中を歩くことを中心に行いました。膝・腰・胸までの水の中を歩き、「足が重い」「何となく流される」ことを体験しました。4・6年生は、スポンジやペットボトルを使ってぷかぷか浮かぶ練習もしました。
 「服が重かったけど、楽しかった」…、もしもの時もあわてず命を守ってほしいと願っています。

   

   
14:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/12

来年度の150周年に向けて

| by 比々多小
 先週の水曜日、朝会で来年度比々多小学校が150才の誕生日を迎えることを伝えました。そこでは「みんなの声を大切にして、みんなの力で150才の誕生日をお祝いしたい。」といった話をしました。

 するとすぐに、3年生のAさんから「150才おめでとうのメッセージ」が届きました。うれしかったので、そのことを昼の放送で伝えると…。
 アイデアを考えたり、考えたことを実際にやってみたりする人が、たくさん出てきました。金曜日までの3日間で、

[こんな人がいました]
 ・150周年のキャラクターをつくりたいと考え、実際に作成した人。
 ・140周年の時の下敷きを家から持ってきて、クラスで紹介した人。
 ・150才のお祝いメッセージを作成した人。
 ・学校スローガンのキャラクターを考案した人。

[こんなアイデアが出ました]
 ・150周年のキャラクターは、みんなで決めたい。
 ・キャラクターはみんなのものだから、キーワードを決めて募集するとよい。
 ・大きな紙にみんなでお祝いの言葉を書きたい。比々多小へのメッセージを書きたい。
 ・会場を風船で飾りたい。
 ・150年を振り返れるものをつくりたい。
 ・6年生は卒業してしまうので、何かを残したい。
  (準備のほとんどは今年度中に行い、その中心として6年生には活躍してほしいと考えています。)

 子どもの発想力や行動力ってすごいですね。みんなの力で、150才のステキなお誕生日会ができそうです。アイデアやメッセージは、校長室前の廊下に掲示してあります。
 「先生ちょっといいですか」と話しかけられるのが楽しみです。


 

17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/12

5年生 田植え体験

| by 比々多小
 5年生が比々多神社の御神田で田植え体験をしました。児童は、はじめて入る水田に「ぬるぬるだ~」「足が抜けない~」と大興奮でした。
 水田に張ったロープを目印に苗を植える作業。だんだんと慣れ、手早く作業できるようになっていきました。また、「手で植えるのは大変」「目印のロープがすごい」と苦労や工夫などに気づくことができました。指導者のみなさん、ボランティアをしていただいた保護者のみなさん、ご協力ありがとうございました。
  「もっとやりたかった」「何とも言えない感触」「泥があたたかかった」と楽しく体験ができていました。

 
    

      

16:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/06

1年生遠足(湘南台文化センターこども館)

| by 比々多小
 5月27日(金)に1年生は小学校で初めての遠足に出かけました。朝は一時強い雨が降っていましたが、バスに乗る頃には小降りになったのでよかったです。
 湘南台文化センターに着いて荷物を置いたら、まず初めにプラネタリウムに行きました。プラネタリウムに映し出されるたくさんの星を見て「わあ」と静かな歓声をあげて、自然に拍手をする子どもたち。たくさんの星座の話に耳を傾け、興味津々の様子でした。感じたことを素直に表現できる柔らかい心が素敵だと思いました。
 また、展示ホールでは海外のおもちゃで遊んだり、世界の国々のお面を見たり、約束をしっかりと守って仲良く過ごすことができました。
 たくさん遊んだ後は、子どもたちが楽しみにしているお弁当とおやつタイムです。どの子も笑顔で食べていました。食べた後のお片付けもとても上手。ごみをきちんと自分で片付けることができ、子どもたちが出た後のホールは使う前と同じくらいきれいでした。
 最後、帰りのバスに乗る前に、晴れた空の下でクラスごとに写真を撮りました。こうやって一つ一つ学校での楽しい思い出を増やしていってほしいと思います。

 
    

17:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/05

心肺蘇生法の訓練(職員研修)

| by 比々多小
 伊勢原消防署の職員の方から、心肺蘇生法(胸骨圧迫とAED)の指導を受けました。万が一に備え、毎年職員全員が参加しています。
 訓練が無駄になることが一番ですが、万が一の時には「迷わずやる」「勇気をもってやる」ことで、生命を救うことができたらと考えます。今後も訓練を積み重ねていきます。

 
  

18:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/03

3年校外学習(市内巡り)

| by 比々多小
  3年生はバスで大山へ。阿夫利神社の下社から伊勢原市全体を見学しました。子どもたちは、こま参道やケーブルカーに大興奮。「コマがいっぱいある」「江ノ島が見える」「神社の建物がすごい」といった声が聞こえてきました。
 また、石田牧場では、牛のえさやり等の酪農体験をしました。はじめはおっかなびっくりな様子で牛に近づいていましたが、だんだんと慣れ「おとなしいなぁ」「毛が硬いよ」「骨がゴツゴツしてる」といいながら優しくなでる姿が見られました。
 他にも、警察署や消防署、駅の周辺、水田などをバスの車窓から見学し、市の施設やまちの様子など、たくさん学んだ一日でした。

   

     





07:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/06/02

4年生校外学習(資源リサイクルセンター、秦野クリーンセンター)

| by 比々多小
 5月31日(火)に4年生は校外学習に行きました。社会科の単元「ごみのゆくえ」の学習の一環です。資源リサイクルセンターでは、各集積所から集められたペットボトルや容器包装プラスチックがどのようにまとめられていくのかを間近に見ることができました。あまりの多さに「すごいたくさんある」というつぶやきも聞こえてきました。
 次に秦野クリーンセンターに行きました。ここでは、燃やすごみがどのように処理されていくかということを学びました。集中管理室で焼却炉の状態を常に見守ったり、ごみを燃やすときに環境に配慮したりして働く人々の苦労や施設の工夫を聞くことができました。児童が書いたワークシートには「こうやって働いている人のおかげで、私たちのまちがきれいなんだと分かりました。」「ごみを出すときはきちんと分別しようと思いました。」などの感想が書かれていました。
 自分たちが普段出しているごみのゆくえを実際に見たり、話を聞いたりしたことを、今後の学習に生かすだけでなく、自分たちの生活にも生かしていきたいと思います。

 
    

19:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/28

家庭科の調理実習再開

| by 比々多小
 プールと同様に、2年ぶりの再開です。
 6年生は「三色野菜炒め」、5年生は「お茶」「小松菜のおひたし」を行いました。
 エプロンとバンダナを身につけ、はりきって家庭科室へ。準備から調理、片付けまで真剣な表情で実習していました。「包丁を使うのが緊張した」「みんなでつくるとおいしい」「苦手な野菜が食べられた」「家でもやってみたい」などの感想がありました。後日、「家でつくったよ」と言う人もいました。家で実践するのは家庭科で大切なことですね。
 野菜炒めやおひたしは各家庭のお弁当箱やタッパーに入れて教室に移動。給食と同じように黙食しました。また、お茶は紙コップに注ぎ、順番に飲んでいました。それでも楽しそうな子どもたち…。みんなで調理したものを食べながら団らんする…。早くできるようになるといいなと強く感じました。

 
       

        

19:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/28

児童集会(オンライン)

| by 比々多小
 今年度一回目の児童集会があり、各委員会の一年間の取り組みについて、発表がありました。
 昨年度の活動を振り返り、工夫しようとしている委員会が多く、感心しました。
 また、自分が話す内容が伝わるようにがんばっている人が多く、すばらしかったです。原稿を見ないでずっとカメラを見て話す人、力強い言葉ではっきりと話す人、自然な口調で伝える人、急な代理でも落ち着いて話す人、…。
 「伝えたいという気持ち」と「伝えるための表現力」は、これからもどんどんブラッシュアップしていってほしいです。終わった後の「緊張した~」という安堵の表情もステキでした。

 
    

 

19:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/28

水泳の実技学習再開

| by 比々多小
  先週から水泳の実技学習を始めています。2年ぶりの実技です。
 3年生以下にとっては初めての学校でのプール。初めは、不安そうな顔の児童が多くいました。でも、だんだんと水に慣れていくようなプログラムに、「楽しい」「顔を水につけられた」「もっとやりたい」と、どんどん笑顔になっていきました。楽しく動いているうちに、自然と顔に水がかかっていくといった指導は魔法のようです。
 今年度は、学校のプールの老朽化に伴い、伊勢原スイミングクラブに業務を委託しての実施です。全天候型のプールで、天候に左右されないのがとてもありがたいです。また、水が冷たくないので、水への抵抗感も少なくなっていると思います。プロのコーチの指導は私たちにも大変参考になります。
 初めの児童の不安そうな表情を見て、水泳の実技学習の大切さをあらためて感じました。感染症対策のため、クラスごとでの学習です。各クラス2回と回数は少ないですが、とても濃い学習になっています。

 
    

     

18:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/22

2年生遠足(新江ノ島水族館)

| by 比々多小
 先週の金曜日に、2年生が遠足に出かけました。
 入館してまずはイルカショーを見ました。イルカの大ジャンプと水しぶきに沸き起こる歓声と拍手。えのすいのトリーターとイルカの息の合ったショーに大興奮でした。(イルカの声真似が得意になった人も)
 その後は、クラゲやウミガメ、ペンギンなど、大小さまざまな海や川の生きものを見学しました。
 見学を終え、おなかがペコペコになった2年生は平塚市総合公園へ。食べる前から「からあげが楽しみ!」「今日は2段弁当」「キャラ弁だよ」と、ワクワク感が伝わってきていました。食後は、原っぱで楽しく遊びました。

 
    

 
    


 バスの運転手さんへの「お願いします」「ありがとうございました」といったあいさつが、とても自然でステキでした。また、友達の忘れ物がないか確かめながらバスを降りる人や、乗ったときに「シートベルト締めなきゃ」とつぶやく人、風で舞ったビニール追いかけて一生懸命原っぱを走る人…。遠足のめあての「みんなとの協力」や「みんなで使う場所での過ごし方」がしっかりとできていました。

19:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/22

[おはなしどり~む]のおはなし会

| by 比々多小
 「おはなしどり~む」さんによる、絵本の読み聞かせがありました。
 今回は1~4年生が対象でした。子どもたちは、目を輝かせておはなしの世界に入り込んでいました。そんな姿を見て、とてもうれしい気持ちになりました。
 まだ読み手さんの近くに集まって聞くことはできません。読み手さんたちは、絵本をテレビに映したり、大きな本を使ったりと、いろいろな工夫をしてくださっています。感染対策をする中でも、夢中になっておはなしを聞く子どもの姿を見ることができました。「おはなしどり~む」のみなさま、ありがとうございました。

 
    

     

18:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/05/13

6年生 ベルマーレ体育巡回授業

| by 比々多小
 湘南ベルマーレによる「小学校体育巡回授業」に、6年生が参加しました。
 あいにくの雨でしたが、体育館でボールを使ったいろいろな運動をしました。最後の3対3のゲームでは、全力でボールを追いかける姿が見られました。
 みんな笑顔。
運動の得意・不得意関係なく、体を動かす楽しさを味わうことができました。

 
    

     

13:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345